スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

唇の下にニキビが良くできるし痛いんだけどこれって治るの?

中学生のころから始まった僕の思春期ニキビも大学に入るころにはかなり落ち着いたんだけれど、唇の下(顎のあたり)のニキビだけは相変わらず繰り返しっぱなし。

ちょっと生活が乱れてきたなと思ったらすぐにニキビが出来そうな予兆があり、そこから一気に赤ニキビ、膿の出る黄ニキビへと悪化していました。


大学3年生となり就活が目前となった時、こんなニキビをさらしてしまったら面接で印象を下げることになりかねない!そんな不安を感じ、どうすればニキビが治るのか?徹底的に調べて実践してみました。

結果的に就活期間にもかぶってしまいましたが何とかニキビを克服することに成功。結果的に内定式のころにようやく完治し、まるで小学生(?)のようなきれいな肌を取り戻すことができました。


今の彼女には「昔はニキビにそうとう悩まされてたんだよ。」というと、「え?ほんとに?全然そんな風には見えないよ。」と言われます。彼女はなんのためらいものなく僕の顔を触ってくるし、それに対して嫌な気分になることもありません。


僕がどうやってニキビの呪縛から逃れることができたのか?その具体的な方法をまとめたので、ぜひあなたのニキビ撲滅の参考にしてくださいね。


唇の下にニキビができて繰り返したり痛くなる原因


唇の下に何度もニキビができる原因はいくつかあります。まず一つは食べ残しや口から洩れた歯磨き粉です。そういった汚れをキチンと拭き取らなければ肌に負担を与えるのは当然ですよね。

男の場合にはさらに髭剃りにも注意が必要です。やっぱり髭剃りの頻度は一時的にせよ落としたほうが良いし、何よりも錆びたり汚れたりした髭剃りを使うのはできるだけ避けるべきなんです。


そして何よりも気を付けたいのが洗顔です。特にすすぎのほうを入念にやるべきです。唇の下は顔の中心ですから、右手と左手で洗うときにどうしても空白地帯ができやすくなります。

頬のように面積の大きて広い部分は洗いやすいものの、顔の中心部分は意識的に右手や左手をずらして洗い残しを取り除く必要があります。洗い残しもまた、肌に負担をかけてニキビができる原因となります。



唇の下のニキビを治すにはやはり洗顔がポイント


ニキビケアのゴールはニキビができない肌を作ることです。そのためには肌の新陳代謝を正常に機能させなければいけません。

私たちの肌は通常、肌の奥深くで薄い皮膚が生まれ、何層にもわたって皮膚が重なっています。新しい皮膚はどんどん外側に押し出され、最終的には角質となって剥がれ落ちます。


しかし肌が汚れている場合、角質層がはがれにくくなります。つまりその部分でターンオーバーが止まってしまい、古い皮膚が肌に居座ることになります。

余計な皮膚はそれ自身が新陳代謝を妨げる汚れになりえますし、当然、雑菌のえさにだってなります。こうやってニキビができる悪循環が始まってしまうわけです。



肌の新陳代謝(ターンーバー)を機能させるにはとにかく肌の汚れをしっかり洗い流すことが何よりも重要となります。

ニキビで傷んだ肌を傷つけないように、洗顔料を使うときには泡でマッサージするように優しく洗います。そして洗顔時間は顔全体で1分もあれば十分です。洗いすぎもまた肌を傷つけることになります。


その代わりにすすぎを十分にやるようにします。洗い残しを出さないように入念に水で洗い流すようにしましょう。洗顔回数に関しては朝晩に加えて日中もできればやったほうが良いです。

日中の洗顔に関しては洗顔フォームは使わずに水で洗い流すだけでOKです。肌表面の皮脂や汚れを軽く洗い流すだけでも、ニキビ解消にはすごく効果的です。




洗顔方法に気を付けるのと同じようにニキビケア用品選びにも気を配るようにしてください。やはり市販品は刺激が強すぎるためあまりおすすめはできません。

できるだけ天然成分メインで構成されているものを選ぶべきで、このブログではビーグレンをおすすめしています。ニキビに特化して作られたスキンケア用品です。


洗顔料では天然泥が使われているので肌への負担がうんと軽くなります。泥が毛穴の中の汚れをしっかり洗いだしてくれる上に、すすぎですっと洗い流すことができます。

ビーグレンで何よりもおすすめなのは美容液です。手にとった瞬間に肌になじむほど強力な浸透力を備えていて、肌のずっと深い位置までどんどんしみ込んでいきます。



従来の美容液だと成分の粒子サイズが大きすぎて、肌に浸透する前に実は肌表面からどんどん流れ落ちるものもあるんですが、ビーグレンではそんな心配は一切ありません。

むしろニキビができている層よりもさらに深い層へと入り込みます。ニキビを裏側から押し上げるようにターンオーバーを改善してくれるわけです。


ビーグレンの価格は市販品に比べると値段は高くなるものの、ニキビが治るまでの辛抱です。ニキビが繰り返すのを克服した後は市販品でケアをしても問題ありません。

僕の場合は結局、自分の肌がきれいなったと自信を持って言えるようになったのは半年でした。このくらいの期間だけでよいので、ぜひニキビのできない肌作りを進めていってくださいね。


ビーグレンの効果をトライアルセット&返金保証付きで試してみるにはこちら
↓↓↓


JUGEMテーマ:ニキビ


スポンサーサイト